マリア・モンテッソーリの経歴

マリアモンテッソーリは1870年にイタリアで生まれました。彼女は学校が主に男性のために開いていた時に学校に行きました。彼女はイタリアで最初の女性医師になりました。精神障害のある子どもたちとの彼女の仕事は、モンテッソーリ法の基礎であることが証明されました。彼女は、学習障害を持つこれらの子どもたちの行動は完全に無作為ではなく、むしろその背後にある目的があることを観察しました。彼女は子どもたちが自分の手で操作するための資料を作成し、彼らが落ち着き、集中し、そして多くの人の不信に実際に学ぶことができることを発見しました。

1900年代初頭に、モンテッソーリは正常な発達を持つ子どもたちと働く機会を与えられました。彼女の最初の児童館はローマのスラム街にあり、両親が仕事に出かけている間に家に残った元気な子どもたちがいました。彼女が自分の方法で観察し実験したところ、モンテッソーリは精神障害のある子どもたちを魅了し、集中させ、学ぶことが彼らや子どもたち特有のものではなく、すべての子どもたちにとって先天的なものであることを発見しました。彼女の哲学と教育学は、子どもたちが私たちの(大人の)すべての知識で満たされるべき空の器であるという以前の支配的な信念に挑戦しました。代わりに、彼女は子どもたちが実際に最高に知的であり、大人の役割はガイドとして行動して、「男性」への彼らの成長を妨げるかもしれないどんな障害でも取り除くことであると信じました。

「子どもたちは自分の活動から最もよく学びます。
活動的に探求しているときに最もよく学ぶのです。」

マリア・モンテッソーリ


自分自身のケア

自分で服を着る・脱ぐ(ボタンを留める・チャックを開ける・閉める練習など)

自分のおやつを用意する・自分で食べる(切る・食器を使う・注ぐ練習など)

手を洗う


周りの環境のケア

教材を大事に使う

教材を使った後に片付ける

テーブルを拭く

植物に水をやる

床を拭く


 

社会的スキル・マナー

挨拶をする

「〜ください」・「ありがとう」を言う

順番に教材をシェアする

さらに

粗大運動の連動

微細運動を習得

語学力を磨く

集中力を発達させる

楽しく学ぶことを学ぶ

 


 

「教育の役割は、子どもが自分の可能性全てぶつけれる外部活動に対して、子どもに心から興味を持たせることです。」

マリア・モンテッソーリ

カレンダー

ja日本語
en_USEnglish ja日本語